ケニアにはオキンドと呼ばれる、自然素材で手作りされたカゴバッグやバスケット多数あり、現地では穀物入れや、お買い物かごとして長年使われてきました。

サイザル麻のカゴバックもその中の1つです。

優れたカゴ編み技術を、母から子に引き継いできたケニアの女性たちの手によって、一つ一つサイザル麻の繊維を編み込んで手作りされています。

また、現在ではサイザルバッグを編むことがケニアの村の重要な現金収入源となり、各家庭の子どもたちの学費となり生活費の足しとなっているそうです。

シンプル作りながらその色合いの良さはケニアならでは。

持ち手に裂き布やスカーフ等を巻いてオリジナルにアレンジするのもおすすめですよ。